SEからコンサルタントに転職するには
SEからコンサルタントに転職するには

SEとコンサルタントの仕事内容

コンサルタントだけではなく、IT関連の職種にもいろいろな種類が存在しています。
SEという種類も存在しているのですが、SEと言えばシステムエンジニアの略で、要件に従ってシステム開発を行い、システム構築を行っていくのが主な仕事になります。
SEが行う職場にもコンサルタントはいるのですが、主な仕事内容はエンジニアではなくコンサルタントなので、あくまで顧客の業務内容をいろいろな点から分析し、経営戦略や問題解決をしていくのが仕事になります。

そのため、SEと同じように、専門的な高い知識が必要になる職業だと言えるでしょう。
いきなりコンサルタントになる人もいるのですが、SEとして経験を積んでからIT関連のコンサルタントとして活動する人もたくさんいるのです。
そうすれば仕事内容もよく理解できていますし、どのようにすれば問題解決や経営戦略が立てられるのかというのもわかるようになるでしょう。

通常コンサルタントの仕事は、相手から要望を受けたら1人で解決するために奔走する傾向にあります。
しかし、IT関連のコンサルタントの場合には、SEやプログラマー、プロジェクトマネージャー、PMO案件などとチームを組んで仕事をすることが多くなっているのです。
システム開発にも直接かかわってくるので、同じような他のコンサルタントよりも仕事が難しくて大変だと言えるでしょう。
専門的な分野になっているという点では他のコンサルタントよりも難しいのですが、他のコンサルタントの場合、人材に関することや財政に関することも含まれているのに対して、SE関連のコンサルタントであれば、IT関連に特化しているという点では範囲が狭いので楽になります。