SEからコンサルタントに転職するには
SEからコンサルタントに転職するには
SEからコンサルタントに転職するには > SEとコンサルタントの仕事の違い

SEとコンサルタントの仕事の違い

システムエンジニアことSEと、コンサルタントでは大きな違いがいくつかあります。
もちろんコンサルタントの種類によっても全く仕事内容が異なっているのですが、今回はITコンサルタントと、SEの仕事内容の違いを確認してみましょう。

SEに求められることはシステム開発です。
クライアントから要望を受け、正確にシステム構築を行うことで、企業の支援を行う職種だと思えばよいでしょう。
そのためにはプログラムの作成を行う必要が出てくるので、ある程度プログラム言語を覚えておく必要があります。
また、受注や納品まで行うSEもいるので、製造業で言えば設計から製造、検査から納品までを一括して行うようになるでしょう。
もちろん会社によっては分担されていることもあるのですが、中小企業などでは一括して任されることもあります。
さらに問題解決も行う必要があるので、コンサルタントにも似ているところがあると言えるでしょう。

一方でコンサルタントの仕事内容は、SEのようにプログラムを組むこと、受注や納品などは一切行う必要はありません。
あくまで企業の経営課題の解決、問題の解決を重要視している業務です。
ただし、ITコンサルタントの場合には、現場のことを知っていないと解決することができませんし、システム設計や構築に関することも関わっているので、SEとしての知識を身につけていないと難しいでしょう。
システムの具体像を描く必要も出てくるので、いきなりコンサルタントとして勤務するよりも、SEとして経験を積んでからの方がおすすめです。

SEの場合にはSEの知識と技術が必要になります。
ITコンサルタントは、SEの知識とコンサルタントの知識が必要になるのです。