SEからコンサルタントに転職するには
SEからコンサルタントに転職するには
SEからコンサルタントに転職するには > 未経験からコンサルタントに転職する

未経験からコンサルタントに転職する

コンサルタントになる人の多くは、新卒として採用してもらうのではなく、中途採用してもらうことが多いでしょう。
自立する場合にも、まずは事務所や会社に所属をして経験を積み、それから独立することが多くなっているのです。
それだけコンサルタントは、経験がないと行うのが難しい仕事なので、転職もそう簡単にいくわけではありません。

ITコンサルタントとして仕事をする場合には、まずSEやプログラマーなどの仕事をして経験を積み、それから転職してITコンサルタントになることが多いと言えるでしょう。
現場のことがわかっていないと、コンサルタントの仕事を行うのが難しいからです。

そして学歴も大卒の人が多いと言えるでしょう。
基本的にコンサルタントになるのには、学歴は関係ない場合が多いのですが、会社に就職する場合などは、大卒でないと採用しないところも存在しています。
特に大手のグローバル企業は、大卒しか採用しない場合が多いので、外資系のコンサルタントを目指すのであれば、学歴も重要になるでしょう。
大卒でコンサルタントに関連している資格を持っていれば、新卒としてコンサルタントになることも可能です。

しかし、コンサルタントは専門的な分野なので、経験を積んでからの方が当然仕事もスムーズに行えますし、やりやすいと言えるでしょう。
中途採用してもらうのであれば、コンサルタントとして転職したい分野で仕事を経験しておくか、資格を何か取得しておくことで、採用してもらいやすくなります。
近年では転職サービスを行っているサイトもあるので、このようなサイトに登録をして、相談をしてみるのもよい方法だと言えるでしょう。