SEからコンサルタントに転職するには
SEからコンサルタントに転職するには
SEからコンサルタントに転職するには > ITコンサルタントの転職に関する誤解

ITコンサルタントの転職に関する誤解

将来ITコンサルタントに転職したいと考えている人もいるでしょうが、いろいろと誤解されている点もあります。
どのような点が誤解されているのかというと、よくITコンサルタントに転職する場合には、資格がないと難しいと言われていますが、決してそのようなことはありません。
もちろん資格を持っていて不利になることはありませんが、有利になるとも限らないのです。

通常ITコンサルタントの場合には、資格を持っていなくても仕事をすることができるので、無資格でも働けるのですが、面接で重要視されるのは論理的思考力や顧客折衝力などです。
そのため、資格はそれほど重要視されているわけではありません。
また、ITコンサルタントに転職する際は、SEやプログラマー関連の仕事をしていると有利になるという点です。

もちろんITコンサルタントも、SEやプログラマーと同じチームで働くのが一般的なので、経験があった方が有利になることは間違いありません。
しかし、有利になるというだけで、決して採用してもらいやすくなるわけではないのです。
先ほども触れたように、論理的思考力や顧客折衝力などがないと判断されれば、SEやプログラマーの経験があっても、不採用になることはあります。

中には英語ができないとITコンサルタントになるのが大変と考えている人もいるのですが、英語は外資系コンサルタント以外では、全くと言ってよいほど不要です。
日本の企業で働くのであれば、英語などよりも正しい日本語ができることの方が遥かに大切です。
ITコンサルタントは単独で仕事をすると誤解をしている人もいますが、実際にはチームで動きますし、顧客とも話すことが多いので、母国語である日本がきちんと使えることと、コミュニケーション能力も必要になります。