SEからコンサルタントに転職するには
SEからコンサルタントに転職するには
SEからコンサルタントに転職するには > 20代でコンサルタントに転職

20代でコンサルタントに転職

転職するのに最も有利だと言っても過言ではないのが20代です。
特にコンサルタントの場合には大卒が多いので、10代でコンサルタントになるケースはかなり少ないと言ってよいでしょう。
しかも20代の場合には、未経験でも採用してくれる会社が存在しています。
ただし、社会人経験が全くない新卒や第二新卒の場合には、採用してもらうのが難しくなっているので、数年社会人経験をしてから転職することで、よりコンサルタントになりやすくなるのです。

20代は20歳から29歳とかなり幅があるのですが、20代前半では社会人としても現場での経験も浅いので、必ずしも転職に有利になるとは限りません。
あまり経験がなくても可能な仕事であれば、20代前半が最も有利なのですが、コンサルタントはある程度社会人としての経験や、現場での経験があった方が採用してもらいやすいのです。

求人票を見ると分かるのですが、昔に比べて現在では、経験者しか採用しない企業が圧倒的に増えています。
これは指導できる人材がいないから、自分で経験を積んでほしいと言っているのです。
そのため、コンサルタントに転職をする場合には、20代後半の方が有利になると言えるでしょう。

20代のうちなら、今行っている仕事とは全く関係のない職種であっても転職が可能ですが、コンサルタントの場合には、多少向き不向きが関係してきます。
不向きだと判断されれば、年齢に関係なく不採用にされてしまうのですが、向いていると判断されれば、ある程度高い年齢でも作用してもらえる可能性が高くなっているのがコンサルタントです。
コンサルタントにもいろいろな種類がありますが、資格の有無に関係なく就ける場合は、20代での転職がおすすめできます。