SEからコンサルタントに転職するには
SEからコンサルタントに転職するには
SEからコンサルタントに転職するには > 30代でコンサルタントに転職

30代でコンサルタントに転職

転職は基本的に20代の方が有利になることはいうまでもないのですが、30代になっても転職することは十分に可能です。
なぜなら20代ではあまり社会人としての経験がありませんし、技術や知識も不十分な場合が多いからです。
特に近年は未経験者を採用しない傾向にある会社が多いので、30代の人材でも採用するところが多くなっています。

では、コンサルタントの場合にはどうなのかというと、コンサルタントは未経験者には少々難しい仕事です。
そのため、30代になってからでも比較的転職しやすい職業だと言えるでしょう。
もちろんコンサルタントの種類にもよるのですが、基本的に独立しやすいコンサルタントの場合には、あまり年齢は関係ないと言えるでしょう。
年齢よりも経験や実績、信頼できる人物であるのかが重要視されるので、あくまで会社員として働くコンサルタントに限り、若い人材が重宝される傾向にあるのです。

大体20代の後半から30代の前半ぐらいの人材が、コンサルタントに転職するのには適している年代だと言えるでしょう。
同じ30代であっても、30代後半になってしまうと、ある程度転職するのが難しくなってしまうので、35歳までには転職をしておくことをおすすめします。
これは一般的な職業だけではなく、コンサルタントでも同じことが言えるのです。

コンサルタントは経験や実績が重要視されるものの、やはり会社は若い人材を必要とする傾向にあるので、30代前半の方が有利だと言えるでしょう。
この傾向は、中小企業よりも大手企業にあるのですが、コンサルタントは基本的に大手企業で勤務することになるため、30代になったら早めに決断するべきでしょう。